シンプルを追求する、食スタイルメディアDEAR STYLE

  • TOP
  • Report
  • 第12回アグリフードEXPO東京2017

Report

第12回アグリフードEXPO東京2017

8月23日、24日の2日間にかけて東京ビッグサイトで開催
された、【第12回アグリフードEXPO東京 2017】に
行ってきました!

 

アグリフードEXPO

 

昨年開催された同EXPOも訪問していたのですが、レポート
するのをうっかり忘れてしまいましたが、今回は現地で
いただいたパンフレットなどと共にご紹介していきたいと
思います。

 

毎年のことですが、今回もたくさんの入場者であふれかえり
とても活気のあるイベントでした。まずは入場して右手の
関東エリアから周ってみることに。

 

群馬県では名産のこんにゃく芋を使った加工品が多く紹介
されていました。

㈱北毛久呂保さんでは、刺身こんにゃくのほか、ブルベリー
味やマンゴー味のようにフルーツの風味付けをした商品や、
わらび餅のようにきな粉をかけて食べるこんにゃくも。

ドライこんにゃくは黒コショウでピリリと刺激のある味わい
で、ビールのおつまみに良さそうです。

 

 

続いて茨城県もブースが多く、賑わっていました。レンコン
農家の野口農園さんでは、レンコンの鮮度を保つ方法も
レクチャーいただいたので、こちらでご紹介したいと思い
ます。

 

ibaraki

 

<レンコンの保存方法>
①湿らせたキッチンぺーパーで包んだら、ラップでさらに
包みます。

②保存に最適な温度は0℃。野菜室ではない、冷蔵庫の奥
が良いです。

これでひと月ほど鮮度を保てるそうです。

 

 

群馬県のブースには、『機能性食品アドバイザー講座』を
受講された、前田牧場さんも出展されていました。前田牧場
さんでは、熟成牛肉(エイジングビーフ)の試食をされて
いて、こちらでは熟成肉の美味しさを楽しむために、あえて
薄切りにして食べることをオススメされているそうです。
肉質は脂身も少なく、肉のうまみがギュッと詰まっていて、
お塩でシンプルに食べてもとてもおいしかったです。

 

maedafarm

 

ジオファーム八幡平さんでは、バフンと温泉地熱で作られた
というマッシュルームを生で試食させてくれたり、また八丈
島の大竜ファームさんは菌床にこだわった、椎茸をご紹介
いただきました。

 

 

mahroom

 

今回のEXPOでは様々な種類のトマトジュースを飲み比べる
ことができました。さらっとした口当たりのものから、皮
までまるごと使って作られたもの、どろっと濃い味わいの
ものまでさまざまな種類があります。

トマトは様々な品種でこだわりの加工品を出店されている
ブースも多く、引き続き注目の食材であるのがよくわかり
ました。

 

tomatoes

 

十勝プライドさんでは、国産のラクレットチーズを試すこと
が出来ました。ラクレットチーズと言えばスイスが本場です
が、国内でも北海道を中心に生産されています。ラクレット
は非常に大きなピースのものが多くこれを適当な大きさに
切ったものをラクレットオーブンという専用のオーブンで
溶かし、ジャガイモなどの温野菜にかけていただくもの。
ワックス(蝋)で周りを固めているチーズと違い、まるごと
食べられるのが魅力のひとつです。

 

また丸秀醤油㈱さんでは、スーパーフードとして注目される
キヌアを使った醤油や味噌、だし醤油、ポン酢、酢を作って
おり、お米や麦、大豆が不使用なので穀物アレルギーの方
には注目の商材ではないかと思いました。

 

キヌア

 

お米の分野では、宮城県の「ささ結(ささむすび)」という
品種のお米が初めて耳にするお米で、試食させていただき
ました。あっさりした味わいで、こちらのブースはささ結と
他の食品との相性を試すことができるように、酢飯にして
いたり、生ハムと一緒の試食を推奨したり、ささ結で作られ
た日本酒が試飲出来たりと、とても盛り上がっているように
見えました。あっさりとした味わいなので、和食でも洋食
でも合い、チャーハンなどにも向いているということでした。

 

 

今回、拝見したブースの中で興味深かったのが、秋田県
横手市が力を入れていたクッキングアップル(調理用の
りんご)です。クッキングアップルといえば、小ぶりで
真っ赤な皮、酸味の強い味わいが特徴の「紅玉」が昔から
定番ですが、新たに紅玉から自然交雑して生まれた新たな
品種「紅の夢」という果肉まで赤いのが特徴で、いったい
どんな味わいなのかが気になります。こちらについては
後日、商品をお取り寄せして、こちらの『Report』の
コーナーでご紹介できたらと考えています。

 

クッキングアップル

 

工場野菜といった言葉を聞くことも多くなりましたが、
東光アグリファームさんのように、食とは違った分野で活動
されていた企業さんが農業に参入されたりといった動きも
増えているように感じました。

 

なかなか全部をご紹介することは難しいので、いくつか
ピックアップしてレポートをお届けしました。

 

次回、東京での開催はまた来年の夏ごろになりますが、
すでに大阪で来年開催予定のアグリフードEXPOについては
日程が発表されているので、ご紹介したいと思います。

 

******************************************************************************************************************

第11回「アグリフードEXPO大阪2018」
2018年2月21日(水)10:00~17:00
2018年2月22日(木)10:00~16:00

詳細はこちらから

 

Copyright DEAR SIMPLE., All Right Reserved

戻る